海外の人を食でおもてなしする場合には、文化の違いも尊重します

 人をもてなす場合には、その人の出身地によって、ある程度の準備なども必要になります。
特に外国の方をお招きする場合には、文化の違いによって、受け入れられないものなどもあります。
 海外からいらした方々に対して、食でおもてなしをする機会はよくあります。
料理を選択する場合には、相手の方が属する宗教などにも配慮する必要があります。
宗教によっては、口にする事が許されないものなども存在しています。
日常生活の中で、非常に厳密に注意をしている人たちもいますので、予め口にできないものなどがないか、尋ねておくと役立ちます。
 それ以外にも、日本では、生の魚、肉などが料理として供される事がよくあります。
鶏肉の場合には、比較的世界の各地で料理に使用されています。
しかし、日本で供される場合の様に、半生状態で鶏肉を料理として出されるのは稀なケースといえます。
衛生状態が良くない場所などもありますので、イメージとして、肉には火を通すのが常識になっている場合があります。
コース料理のうちの一品として出された場合には、衛生環境を含めた説明をしながら、余り無理強いをしない程度に留めておく事も大切です。
 海外の方への食によるおもてなしの場面では、それぞれの食文化の違いも考慮するのが、暗黙のルールでもあります。

Copyright©食 おもてなし All Rights Reserved.

食 おもてなし